医療関連資格 条件別ランキング

医療関連資格 条件別ランキング

近年、医療事務に関する資格は実に様々な上、直接医療に関係ないと思われる資格も求められています。

 

たとえば、医療機関ではIT化があたりまえとなってきたためデータの集約や加工が求められたり、医療機関で実際に業務をしているのは企業が大半なため、50人以上は衛生管理者の配置など法律で決められている内容も多々あります。

 

以下の目的別に資格取得を検討しましょう。

 

 

知名度の高い資格を取得したい

 

 

まさに医療事務の入門とすべき資格で、医療保険制度や診療報酬の仕組みが理解できます。
 医療事務管理士を取得したら、次にスキルアップとして取得すべき資格といえます。
 
医療事務技能審査試験

 

医療秘書関連の資格を取得したい

 

 


 
医療管理秘書士

 
医療秘書技能認定試験

 
医療秘書情報実務能力検定試験

 
日本医師会医療秘書認定試験

 

診療情報関連の資格を取得したい

 

 

医療事務管理士を取得したら、次にスキルアップとして取得すべき資格といえます。
 医療事務に関するエキスパートの資格です。
 
病歴記録管理士認定試験

 

周りとは違う独自の資格を取得したい

 

 

常時50人以上の労働者を使用する事業場では、衛生管理者免許を有する者が必須!
 
 
 

 

医療コンピューター関連の資格を取得したい

 

 

医事コンピュータ技能検定試験

 
医事オペレーター技能検定試験

 
医事情報システムオペレーター

 
医療情報システムオペレーター

 

調剤事務関連の資格を取得したい

 


 
調剤報酬請求医務専門士検定試験

 

介護事務関連の資格を取得したい

 

 

介護事務管理士技能認定試験

 
介護保険事務管理士認定試験

 
介護情報事務能力認定試験

 
介護保険請求事務者

 

関連するおすすめリンク先

 

  「トップページへ

 

  「資格取得から就職まで

 

  「医療事務管理士」の資格情報をみる
 (まさに医療事務の入門とすべき資格です!基本の仕組みが理解できます)