医療情報実務能力検定(医療事務実務士)

医療情報実務能力検定(医療事務実務士)

少子高齢化により、日本の医療費は莫大に膨張し国政を圧迫しています。そのため医療機関や患者負担へしわ寄せとなり、このままでは膨張し続け医療保険制度の崩壊を招きかねない状況です。
そこで、いままでの医療機関の放漫経営資質から、健全経営化へ移行し、無駄な診療報酬請求を省きながら、請求漏れを同時の防止できるテクニックや実務能力を持った人材を育成し、その実務能力のレベルを計ります。

 

受験資格

2級 特になし
1級 2級合格者<併願可能 ※条件有り>

 

受講期間

2ヶ月

 

試験内容

2級 【学科】(20問)
     (1)医療保険制度・公費負担制度の概要
     (2)保険医療機関・療養担当規則の基礎知識
     (3)診療報酬・薬価基準・材料価格基準の基礎知識
     (4)医療用語および医学・薬学の基礎知識
     (5)医療法規の基礎知識
   【実技】(3問)
     診療報酬明細書(レセプト)作成:外来:2問、入院:1問

 

1級 【学科】(20問)
     (1)医療保険制度・公費負担制度の総論
     (2)保険医療機関・療養担当規制の応用知識
     (3)診療報酬・薬価基準・材料価格基準の応用知識
     (4)医療用語および医学・薬学の応用知識
     (5)医療法規の応用知識
   【実技】(3問)
     診療報酬明細書(レセプト)作成:入院:3問

 

合格率

2級59%
1級53%

 

願書受付期間

試験日の約2ヶ月前まで

 

試験日程

年3回 毎年3月・7月・12月

 

受験地

在宅試験

 

受験料

2級 7,700円
1級 8,700円

 

合格発表

約2ヶ月後(※資格証カードに発行手数料1,540円 作成まで3〜4週間程度必要)

 

申し込み先

医療福祉情報事務能力協会

 

 

おすすめ参考書・問題集

 

改訂 医療事務総論 (医療秘書実務士選書)

2484円

医療事務総論 (医療秘書実務士選書)

2376円