診療情報管理士

診療情報管理士

 

診療情報管理士とは、ライブラリーとしての診療録を高い精度で機能させ、そこに含まれるデータや情報を加工、分析、編集し活用することにより医療の安全管理、質の向上および病院の経営管理に寄与する専門職業です。米国では1932年にMedical Health Informationとして発足し、現在は登録医療情報管理士R.H.I.A(Registered Health Information Administrator)という称号の専門職として養成されています。その他、各国でも同職業の養成が行われています。
現在、医療機関の機能分化と連携、情報の開示、安全の確保、医療費の包括化、医療IT化推進など、新しい医療提供体制の改革が進行しています
厚生労働省は疾病分類について、国際疾病分類ICD-10の採用・普及、手術・処置分類などについても、一定のコードに準拠する方針を明確にしました。これにより、診療情報管理に必要な環境が一気に進み、診療情報管理士の業務はいっそう重要性を増し、情報、技術としてのIT対応など広い視野と技術の習得、日夜業務の拡大と活躍が期待されています。
平成12年の診療報酬上における診療録管理体制加算の導入に伴い診療情報管理士の必要性に対する意識が高まり、日本病院会の診療情報管理士の通信教育受講生と認定者は大幅に増加しており、「診療録管理士」、「診療情報管理士」認定者総計27,702名が全国各地の医療機関で活躍しています。

 

 

受験資格

一般の受講資格(基礎課程から受講)
原則として2年制以上の短期大学または専門学校卒以上の学歴を有する者。 ただし、現在、病院に勤務している者は、当分の間、高卒者でもよい。 このうち一部病院勤務者でない者は病院実習を必要とする場合がある。
専門課程への編入資格
医師、看護師(准看護師を除く)、薬剤師

 

受講期間

基礎課程1年
専門課程1年 の計2年
受講期間は通算6年とする。
専門課程編入は通算3年とする。

 

試験内容

履修科目

 <基礎課程(1年次)12科目・各科目2単位で全24単位>
 @医療概論2単位
 A人体構造・機能論2単位
 B臨床医学総論(外傷学・先天異常等含む)2単位
 C臨床医学各論T(感染症および寄生虫症)2単位
 D臨床医学各論U(新生物) 2単位
 E臨床医学各論V(血液・代謝・内分泌等)2単位
 F臨床医学各論W(精神・脳神経・感覚器系等)2単位 
 G臨床医学各論X(循環器・呼吸器系)2単位
 H臨床医学各論Y(消化器・泌尿器系)2単位
 I臨床医学各論Z(周産期系) 2単位
 J臨床医学各論[(皮膚・筋骨格系等)2単位
 K医学用語2単位
 <専門課程(2年次)9科目・全24単位>
 @医療管理総論2単位
 A医療管理各論T(病院管理) 2単位

 B医療管理各論U(診療報酬制度と評価指標)2単位
 C医療情報学2単位
 D医療統計学2単位
 E診療情報管理論T(総論) 2単位
 F診療情報管理論U(実務) 2単位
 G国際疾病分類概論2単位
 H分類法8単位
 ※病院実習(第7項参照)

単位取得方法

 上記の基礎課程24単位、専門課程24単位の合計48単位を修得する。
 @各テキストを読了し、自宅用リポート問題集にて自習する。(一部提出用リポート有り)
 A所定のスクーリングを出席する。
 B試験(全科目)に合格する。(合格基準:各科目100点満点で60点以上合格)
 (1)学習教材
 学習スケジュールに従って配付される教科書およびリポートで自習する。自宅用リポートの解答は配付される。リポートによる自習を終え、提出用リポートを作成し、期日(月報で通知)までに本会へ送付する。 提出用リポートは採点し、返送される。
 (2)スクーリング(面接授業)
 スクーリングは年間2回北海道、宮城、東京、愛知、大阪、岡山、福岡(開催地の詳細は月報で通知)を中心に開催する。
 スクーリングは各課程を年2回程度に分けて開催するので、各自計画的に該当科目を全て受講しなければならない。
 ※受講者数によって開催地の増減あり
 (3)科目試験
 試験は各課程の学年末から受験できる。
 基礎課程の受験は入講後1年、専門課程の受験は入講後2年を経過し受験する。
 受験には期日(月報で通知)までに(1)の提出用リポートを提出し、(2)のスクーリングの出席単位を取得しなければならない。ただし、作成していないとみなされるリポートの提出があった場合、リポートは採点 が行われず返送され、試験は受けられない。
 試験は年2回(9月・12月を予定)行う(詳細は月報で通知)。
 (4)合否判定

 合否判定は(3)の試験結果に基づき診療情報管理士教育委員会において行う。
 (5)診療情報管理士認定試験日本病院会診療情報管理士通信教育の修了者は日本病院会が実施する診療情報管理士認定試験を受験することができる。
 診療情報管理士認定試験は別に通知する。

実習

 1項の一部受講者は、日本病院会指定の各地の病院において、病院実習を行い履修証明書を提出する。ただし、当分の間、希望者のみとする。

 

合格率

非公開

 

願書受付期間

11月末

 

試験日程

年1回 2月

 

受験地

各都道府県

 

受験料

2年間 200,000円(消費税込)
(専門課程編入は100,000円)
※ 半期延長料(半年)は10,000円。
入講時に基礎課程分100,000円、2年目に専門課程分100,000円をそれぞれ納入する。
※ 受講料は受講受理通知を受けてから納入のこと。既納の受講料は返却しない。

 

合格発表

試験月の翌々月末まで

 

申し込み先

日本診療情報管理学会
日本病院会

 

 

おすすめ参考書・問題集

 

診療情報管理士のためのやさしい医療統計学

3024円

これでわかる! 診療情報管理士の実務Q&A

2592円

新人診療情報管理士と医事職員のためのコーディング寺子屋

1620円