診療報酬請求事務能力認定試験

診療報酬請求事務能力認定試験

 

この試験は、診療報酬請求事務に従事する者の資質の向上を図るため、公益財団法人日本医療保険事務協会が実施する 全国一斉統一試験で、受付業務・会計業務・オペレーター業務等全般、診療報酬請求事務を正しく行うのに必要な能力を認定する資格です。
医療事務管理士を取得したら、次にスキルアップとして取得すべき資格といえます。

 

受験資格

特になし

 

受講期間

6ヶ月〜

 

試験内容

医科または歯科を選択
【学科】
 @医療保険制度等・公費負担医療制度の概要
 A保険医療機関等・療養担当規則等の基礎知識
 B診療報酬等・薬価基準・材料価格基準の基礎知識
 C医療用語及び医学・薬学の基礎知識
 D医療関係法規の基礎知識
 E介護保険制度の概要

 

【実技】
 診療報酬請求事務の実技
なんと診療報酬点数表、その他の資料の持ち込みは全て自由です。

 

合格率

30%

 

願書受付期間

インターネット:試験月の2ヶ月前まで
郵送:試験月の2月前の下旬まで

 

試験日程

年2回 (7月、12月)、日曜日または祝日 時間:13時00分〜16時00分

 

受験地

札幌市 仙台市 さいたま市 千葉市 東京都 横浜市 新潟市 金沢市 
静岡市 名古屋市 大阪府 岡山市 広島市 高松市 福岡市 熊本市 
那覇市  

 

受験料

7,500円

 

合格発表

試験月の翌々月末まで

 

申し込み先

(財)日本医療保険事務協会
※「(財)日本医療保険事務協会」のサイトが少々見づらいですが、左下から申し込みできます。

 

 

コメント

「診療報酬請求事務能力認定試験」を取得したら、次は自分の進むべき道を選択しましょう!
 もっと医療の知識を上げたいかたは「診療情報管理士」で専門知識を上げ医療事務マスター!
 ある程度パソコンの知識のある方は「Accessビジネスデータベース技能認定試験」もしくは「ITパスポート」で求められるデータ加工から分析をしよう!
 社員のみんなの支えになるような「衛生管理者」を取得し、社員みんなの健康管理をしよう!
 今の業務にそった「医師事務作業補助」や受付で求められるスキルである「ホスピタルコンシェルジュ」を取得しよう!

 

さぁ、ここまで来たら次は自分の進むべき道を選ぼう!

 

 

おすすめ参考書・問題集

 

医療事務の資格を取得するには、「診療点数早見表」が必須ですが、それと同じくらい「過去問題集は必須」と考えられます。
私は医療事務の資格である「医療事務管理士」、「診療報酬請求事務能力認定」を取得しておりますが、
上記の2点は常に使用し、さらにそれ以外に自分なりに使いやすいように付箋や別途冊子を作成しました。

 

診療点数早見表 2015年4月増補版

4860円

DPC点数早見表 2015年4月増補版

4860円

薬価基準点数早見表 平成27年4月版

3888円

 

レセプト用紙A4普通紙 業務用パック 2500枚

2160円

コクヨ レセプト用紙 無地 500枚 KB-RP39H1

978円

レセプト用紙A4 普通紙 500枚入

513円

 

過去問題リンク先
http://sikamoba.com/iryouzimu/

 

 

関連するおすすめリンク先

 

  「トップページへ

 

  「求人サイト一覧」をみる

 

  「医療事務管理士の資格取得から就職まで

 

  「診療点数早見表」の書籍

 

  「医療事務過去問題集」の書籍

 

  「レセプト書式、レセプト用紙」の書籍