医療事務管理士の資格取得するには?

医療事務管理士の資格取得から就職までチェックしましょう

実際にはどのような手順で医療事務管理士の資格(ほかの資格も一緒です)を取得し、就職や転職につけるのでしょうか?
手順に沿ってひとつひとつ説明していきますので、以下の内容について一緒に見ていきましょう。

 

資料請求から目的の資格を選択しましょう

無料資料請求

医療事務管理士などの資格情報と勉強するための講座を調べる必要があります。
最初はこれが大変で、いざ目標の資格があったとしてもどの講座が良いのかがパッとみただけではわかりません。なぜなら、医療事務管理士の講座だけでも1つの会社で複数存在するのです。

 

どのような講座で、経費、期間、通学または通信など企業によっても異なりますので情報収集が必要となります。あなたが電化製品などを購入する際にパンフレットを見られる方であれば、無料資料請求された方が比較しやすいと思いますが、Webだけで全て検索される事が多い方は無料資料請求はしなくとも十分でしょう。ですが、無料資料請求は、講座割引などのクーポンが付いてくることが多いので、講座を決めたらまずは資料請求してお得に進めましょう。
※医療事務をご存知ない方は「医療事務の仕事とは」で紹介させていただいていますが、インターネットだけの情報はオススメしません。

 


ソラスト ホームページ

 

↓無料講座資料はこちらから

通信教育で医療事務!資格取得の近道は断然【ソラスト】!
ソラスト講座一覧はこちらから

 


シカトル ホームページ

 

ソラスト、ニチイ学館など一括資料請求できます!


 

その他無料請求先リストはこちら

 


医療事務管理士やほかの資格でも複数の企業が対応していますが、企業によって費用や講座機関、キャンペーンなど様々です。
ある程度の内容は既に把握している場合は、企業を絞って資料請求し、何からすればいいのか分からないという方は上記すべての企業からまずは資料請求をおこないましょう。
迷っている時間はもったいないです。まずは行動あるのみ!

 

資料が届いたら

資料請求した複数の企業から資料が届いたら、自分が一番みやすいと思う資料をベースにどのような資格があるのか確認しましょう。

資格ごとの講座の費用、期間を確認しておきましょう。

 

資格を決めよう

複数の資格情報からどの資格を取得したいか決めましょう。

 

 わたしのオススメは、、、
  「医療事務管理士」の資格情報を見てみましょう
 (まさに医療事務の入門とすべき資格です!基本の仕組みが理解できます)

 

 迷ったら、、、
  「医療関連資格 条件別ランキング」を見てみましょう

 

受講方法を確定

 医療事務の資格でさえ色々あるのに、さらに講座となるさらに迷いますよね。
 主な企業の講座一覧をまとめましたので参考にしてください。
  「ソラスト 講座一覧
  「ヒューマンアカデミー 講座一覧
  「アビバ 講座一覧」 

 

 通学講座:ある程度の時間が取れ、近くに学校がある場合は通学講座をオススメ!
 通信講座:小さなお子さんやご年配の方の介護など、時間が取れない場合はこちら!

 

 わたしの経験からすると初心者はやはり通学講座が無難でしょう。(土日講座もありますの)
 それに説明文章を見ていてもわからない事がありますので、直接先生に確認する事もできます。

 

受講申し込み

 講座によっては「教育訓練給付制度」を利用する事もでき、20%引きで受講できるかもしれません。
 詳細は主な講座一覧と一緒にまとめたサイトをご参照ください。

 

講座終了

 

資格取得の受験

 

 「医療事務管理士」の資格の場合2ヶ月に1回試験がありますので、チャンスは多いです!

 

資格取得

 

求人サイトの登録から就職まで見てみましょう

 

求人サイトへ登録

パートや派遣など就業形態が決まっているなら、それに沿った企業へ資料請求や登録しておきましょう。
まだ、細かいところは決めていないが、とにかく一番条件の良いところに行きたいという方は多くの企業に資料請求や登録をしましょう。

 

どのような求人が出るのかというのは、正直タイミングといえるでしょう。
ですので、当然多くの企業へ登録しておくほうが有利です。

 



派遣といえばテンプスタッフ!カンタン無料登録!

テンプスタッフといえば派遣業界最大手です。情報量が一番多いといえます。

 




マイナビ(パートで働きたい場合におすすめ)

 



派遣のお仕事情報満載!マイナビ派遣

マイナビ(派遣社員で働きたい場合におすすめ)

 

就職先を探す

 

履歴書作成

 いよいよ、履歴書を記入し面談が開始されます。
 ここで注意点ですが、履歴書は手書きで記入する方がよいでしょう。

 

 
  文字が汚いとかそういった問題ではなく、
  履歴書というのは、落ち着いて丁寧さを心がけているかがポイントです。
  担当者によっては既にここから評価対象となります。

 

 
  どうしても志望動機がわからない方は
  http://matome.naver.jp/odai/2138581066309217701
  このサイトを参考に自分の気持ちを整理して、気持ちを込めて考えてください。
  絶対に丸写しはしないでください。ここでうまく整理できても面接で気持ちがこめられていないとすぐにわかりますよ。

 

面接日の確認連絡

 面接をする前にいくつか担当者と電話やメールなどで面接日の取り決めなどのやり取りがあります。

 

 
  話し方や質問の内容など落ち着いて対応しましょう。
  まだ、顔を合わせていませんが、最初のやりとりで第一印象がきまります

 

面接

 いよいよ、面接となりますので、平常心を心がけて落ち着いて挑みましょう。
 緊張しなくても全然問題ありませんので、自分から聞きたい事をきいておきましょう。

 

 
  面接時には必ず資格取得状況は確認されます。もし、資格取得していなくとも勉強しているのであればその事は伝えておきましょう
  資格の初心者向けの資格は「医療事務管理士」です!

 

内定・雇用契約

 ここまでくればもう安心ですね。
 ですが、最低限雇用契約書の内容は確認しておきましょう。
 担当者が何を説明したとしても証拠となる雇用契約書が重要事項となります。

 

 
 ・4週4休という記載は4週のうちに4日間休みがあるという事です。つまり日曜日も出勤して良いという事になりますので、土日休みを希望している場合は確認しましょう。
 ・有期契約なのか無期契約なのか確認しましょう。

 

勤務開始

 おめでとうございます!
 いよいよ勤務開始ですね!
 資格を取得されている方はその知識を活かしてがんばりましょう!!
 また、ステップアップしてどんどん次の資格を取得していきましょう。

 

 

 

 

 

おすすめ参考書・問題集

 

採用される履歴書・職務経歴書はこう書く<実例付き>

1404円

1週間でマスター 時事&一般常識の完璧対策 2016年度版 (日経就職シリーズ)

1296円

図解 マナー以前の社会人常識 (講談社+α文庫)

734円