医療事務の資格から就職までの比較サイト

よくある質問

 

医療事務はどんな仕事?

医療事務の仕事は、受付業務や会計業務などを担当する「外来受付窓口業務」、カルテの入力管理や入院準備などを行う「病棟クラーク」、市区町村などに診療報酬の請求を行うための書類を作成する医療機関の収益ともいえる「レセプト業務」と言われる診療報酬請求明細書を作成する業務から、問い合わせ電話対応、データ集計作業、看護補助業務など非常に幅広く、近年では医療制度はますます専門性が高くなり医療現場では質の向上・業務のう効率化へと進んでいるため、スペシャリストのニーズが高くなっていると言えます。
また、それ以外にも物品管理業務や社員の体調管理である衛生管理に関する業務や医療機関のIT化に伴いシステムの知識などもニーズが高くなっていると言えます。

 

医療事務の仕事をするには?

就職や転職をする際には有資格者が有利になることは間違いありませんが、資格がなくても働いている方もたくさんいらっしゃいます。ですが、やはり医療事務というのは専門的な用語や内容が多いため、どちらにしても医療事務に関する知識が必要になってくるでしょう。就職前でも就職後でもどちらにしても知識をあげるのであれば、是非資格取得をめざしましょう。

 

就職や転職に有利な資格は?

40年近い実績を持ち、なんと毎年4万人近くが受験する資格で、一番人気の資格といえる「診療情報管理士」でしょう。
まさに医療事務の入門とすべき資格で、医療保険制度や診療報酬の仕組みが理解でき、正確に診療報酬を算定できる事務スタッフとしてのスキルが証明され、合格すると平成17年10月から特許庁より商標登録が認められている医療事務管理士という称号が与えられ、名実ともに全国の医療機関で活躍できる資格です。
また、医療事務管理士を取得したら、次にスキルアップとして取得すべき資格「診療情報請求事務能力認定」の資格があれば尚良しです。

 

資格取得するには?

通信講座、通学講座、専門学校または独学など様々な方法があると思いますが、時間に余裕があれば専門性を高めるため専門学校や特定の資格取得のための通学講座がおすすめで、子育て中や他の仕事をしている場合は通信教育がおすすめです。また、既に仕事をされていてある程度の知識がある場合は専門書を購入してみるのも良いと思います。状況に応じた選択をしていきましょう。
※講座の中には受講料の最大20%が給付される「教育訓練給付制度」が適用できる講座もあります。

 

仕事場の状況は?

医療事務関連の仕事は、受付業務から事務作業だけでなく月末月初だけのレセプト業務という仕事や、医療事務とは少し異なりますが、介護関連や注射器などの診療材料の物品管理、薬剤師の補助業務など実に様々な仕事があるといえます。そのため、医療事務であればライフスタイルに合わせて働き方を選ぶことができますので、当面はフルタイムの正社員として仕事をし、結婚・出産後はパートタイムとして仕事をして家庭を優先させるなど、勤務スタイルは自由自在で女性のニーズに沿った非常によい仕事です。
医療事務では多くの女性が仕事をしていますので、家庭に入って社会から離れてしまっても、子育てをしながらの再就職は他の仕事と比べて仕事がしやすい環境が整っています。また、働く時間や日数なども決められ、家庭と仕事を上手に両立して仕事も家庭も両立させたワークスタイルで仕事をしましょう。医療事務の現場はとても多くの主婦が活躍していますよ。
社会経験が少なくとも他の職種からでも、医療事務の仕事は正社員を目指すことができます。最初から正社員を目指しても良いし仕事と家庭のワークスタイルに沿ってパートタイムから正社員を目指しても良いと思います。
当然正社員になるには、本人のやる気と資格取得などのやる気が必要になるでしょう。

 

収入は?

医療事務は様々な業務だけでなく、様々な勤務形態がありますので、正社員、パートだけでなく様々な勤務形態によって収入は大きく変動します。医療事務というのは月でみると月末月初が忙しく、1日でみると午前中が忙しい仕事でその時間帯だけ働く方もいらっしゃいます。時間給社員の方は地域にもよりますが時給800円台〜1,300円が相場のようです。正社員の場合は大体年収300万と言われておりますが、専門的な資格を取得することによって、月数万円の手当を別途受け取れる事も可能となります。

 

医療事務の仕事のメリットは?

メリットは多いと思います、「医療事務のポイント10」でも紹介している内容ですが、医療事務は転職に有利、やりがいがあり、スペシャリストも目指せる環境といえます。
医療事務の仕事は幅広くなってきており、専門分野も増えたこともあり人材はまだまだ不足と言われています。また、高齢化社会の影響などにより専門分野で活躍できる人材の需要が増してきている事から、就職、転職の際に有利になりつつあります。

 

医療事務の資格は独学で取得できる?

上記の「資格取得するには?」にも記載していますが、最初は通学や通信講座がおすすですが、医療事務の仕事をされているのではれば読書を購入し独学をする事も可能と思われます。

 

関連するおすすめリンク先

 

  「トップページへ

 

  「資格取得から就職まで

 

  「医療事務管理士」の資格情報をみる
 (まさに医療事務の入門とすべき資格です!基本の仕組みが理解できます)