医療事務の仕事とは

医療事務の仕事とは

医療事務という仕事は主に、、、

 

 受付業務       … 初診、再診の手続きや診察券の発行など
 オペレーター業務   … 先生が診察した内容や投与した薬の情報を会計システムへの入力
 会計業務       … 診察が終了した患者さんの費用を計算し会計
 診療報酬請求業務 … 診療費から自己負担額を除いた請求分を点数に置き換えて計算
 病歴カルテ業務    … 患者さんの診察内容であるカルテの運搬、管理、データ化
 病棟クラーク業務  … 入退院の手続きや診療内容の入力や看護師の補助など

 

などの業務があり、近年では医療制度はますます専門性が高くなり医療現場では質の向上・業務のう効率化へと進んでいるため、スペシャリストのニーズが高くなっていると言えます。また、それ以外にも物品管理業務や社員の体調管理である衛生管理に関する業務や医療機関のIT化に伴いシステムの知識などもニーズが高くなってきています。

 

 医療現場ではスペシャリストのニーズが高くなってきている

 

 

医療事務で仕事をするということは、多少なりとも専門用語は必要となります。
同じ勉強が必要なのであれば、絶対に資格取得をおすすめします。
資格取得しているということはある程度までの知識を得ているという証明になりますし、その証明は永久につづきますので資格取得をしてい
ると、就職転職が有利になり、企業によっては資格手当が付与されたり、家族の都合による引越しがあっても全国どこでも有利に就職できるでしょう。

 

 医療事務の資格取得をしているということは知識を得ている事の証明

 医療事務の資格取得していると就職転職が有利 企業によっては資格手当が付与される

 

関連するおすすめリンク先

 

  「医療事務の給与」はどの程度か?

 

  「医療事務管理士」の資格情報をみる
 (まさに医療事務の入門とすべき資格です!基本の仕組みが理解できます)