医療秘書技能検定試験

医療秘書技能検定試験

医療管理秘書士とは、病院組織における管理者等が本来の業務に専念できるように援助し、秘書業務を行う医療秘書士の上級資格です。医療管理秘書士資格を取得する為に医療管理秘書士試験を合格後、医療管理秘書士資格申請を行わなければなりません。
1級、準1級、2級、3級があり、2級以上を持っていると就職に有利といわれています。その合格率は平均で25%程度、1級の場合、合格率は5%という難易度です。
医療秘書業務に必要な、医療事務や医学、秘書実務等に関する知識と技能のレベルを評価、認定することによって、その職業能力の向上と社会的経済的地位の向上に資することを目的としています。

 

受験資格

教育機関等が行う教育訓練のうち、認定委員会が認定規程により定める「医療秘書技能認定試験受験資格に関する教育訓練ガイドライン」に適合する医療秘書教育課程を履修した者

 

受講期間

1.当該試験日の2ヵ月前より、当該試験日の2週間前までを受付期間とします。
2.所定の受験申込書に、認定委員会が定める教育訓練ガイドラインを履修したことを証明のうえ、受験料を添えて、当該受験地域の日本医療教育財団支部へ郵送(現金書留)またはご持参ください。
3.申込手続き後、受験票を発行します。

 

試験内容

学科
(1)受付・案内業務 (2)医療コスト計算 (3)医学知識・用語 (4)秘書実務・感性 (5)社会・組織関係 /三肢択一式 /30問
実技
医療機関における接遇マナーの基本的事項が身についているか否かを審査します。
(1)接遇の基本事項および基礎知識 (2)顧客の案内および応対 (3)電話の応対 /面接形式 /1問
※「受験校」による受験については、実技試験が免除となります。

 

合格率

非公開

 

願書受付期間

-

 

試験日程

年2回(8月、2月)

 

受験地

各都道府県内の公共施設等

 

受験料

4,500円

 

合格発表

当該試験日から約1ヵ月後に郵送により通知します。

 

申し込み先

日本医療教育財団

 

無料講座資料申し込み

 


国内唯一の総合資格就職対策ネットスクール「ゼミネット」 専用スタジオで収録した臨場感あふれるライブ感覚講義を いつでもどこでも何度でも、気軽に学べる学習サイトです。

 

おすすめ参考書・問題集

 

医療秘書技能検定実問題集2級〈2014年度 1〉第47回~51回

1404円

医療秘書技能検定実問題集3級〈2014年度 1〉第47回~51回

1404円

医療秘書技能検定実問題集3級〈2014年度 2〉第47回~51回

1404円