医療保険士

医療保険士

医療保険士とは、医療保険や医療事務に関する基礎知識、実務能力を身に付けるための医療事務の資格認定試験です。 標準的受講期間は4ヶ月と短く、短期間でスキルを求めている人に向いています。 さらに医療保険士は、通信教育の学習も可能な医療事務の資格です。

 

また、医療保険士を取得するには、医療保険学院の通信部で学び、 受講終了後、試験に合格する必要があります。通信部では、「医療保険制度」、「基本診療」、「注射」、「処置」、「投薬」、「各種療法」、「検査」、「手術」、「画像診断」、「入院」など医療保険事務に関して幅広く学ぶことができます。
中間テストNo,3合格者に終了検定試験を実施(試験は月1回実施) 合格者に「医療保険士」認定書を授与 合格後、医療保険センターに入会。

 

受験資格

指定の学校の指定された科目を履修し、単位を取得している必要あり。

 

受講期間

 

試験内容

通信
 毎月定められた日に、学院検定委員会から試験問題を郵送される。一定期日までに解答を記入して、返送する
通学
 授業の最終日(毎月1回試験を実施しており、不合格の場合でも受講期間内(1年間)なら何度でも再試験が受けられる

 

合格率

非公開

 

願書受付期間

 

試験日程

毎月

 

受験地

在宅受験

 

受験料

初回終了試験は無料
再試験受験料は4,000円

 

合格発表

試験の約3週間後に受験結果を郵送(合格者には認定証書を交付)

 

申し込み先

医療保険学院

 

おすすめ参考書・問題集

 

図解でわかる社会保険 いちばん最初に読む本【改訂2版】

1620円

医療保険のことがなんでもわかる本

1512円