衛生管理者

衛生管理者

 

医療事務とは直接関係はない資格ですが、医療事務というのはニチイ学館やソラストなど企業が請け負っている場合が多いです。
そして、衛生管理者とは常時50人以上の労働者を使用する事業場では、衛生管理者免許を有する者のうちから労働者数に応じ一定数以上の衛生管理者を選任し、安全衛生業務のうち、衛生に係わる技術的な事項を管理させることが必要となりますが、実際には有資格者が不足しており、設置義務を果たせていない企業が多いという現状もあり、求められる人材と言えます。今は資格取得のチャンスといえます!
主な職務は、労働者の健康障害を防止するための作業環境管理、作業管理及び健康管理、労働衛生教育の実施、健康の保持増進措置などです。

 

 

受験資格

次のうちいずれか一つに該当すれば、受験できます。
●大学または高等専門学校(短大を含む)の卒業者:労働衛生の実務経験1年
●高等学校の卒業者:労働衛生の実務経験3年
●中学校の卒業者:労働衛生の実務経験10年 など
受験時間(13:30〜16:30 3時間)

 

受講期間

2種:4ヶ月 1種:6ヶ月

 

試験内容

■第一種(全業種)
・労働衛生17問 ・関係法令17問 ・労働生理10問 (計44問)

 

■第二種( 農林畜水産業、鉱業、建設業、製造業(加工業を含む)、電気業、ガス業、水道業、熱供給業、運送業、自動車整備業、機械修理業、医療業、清掃業を除く全業種)
・労働衛生10問 ・関係法令10問 ・労働生理10問 (計30問)

 

合格率

合格率は「第一種」が約50%、「第二種」が約60%

 

願書受付期間

試験月の前月下旬まで

 

試験日程

毎月1〜3回程度行なわれます。(実施日は各地域により異なる)

 

受験地

各地域の安全衛生技術センター(全国7ブロックに分けられている)

 

受験料

6,800円

 

合格発表

非公開

 

試験申し込み先

公益財団法人 安全衛生技術試験協会

 

無料資料請求

 

 

おすすめ参考書・問題集

 

わかるわかる! 第一種衛生管理者試験

2484円

出るとこマスター! 衛生管理者試験 過去問題完全攻略 平成26年下期版

2000円

7日間完成 衛生管理者試験合格塾

1944円